« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

暴走列車が3台

さて、消化器内科での2週間が終了しました。

呼吸器内科とのあまりの違いに戸惑いまくりました

呼吸器内科が患者に手がかかるのに対し、消化器内科はとにかく先生に付きっきりでひたすら診療のフォロー
診察が早くて必死にくらいついていく…そのめまぐるしさにびっくらこいたんだろうなぁ消化器1日目に蕁麻疹がでましたです

分からなくても診療の合間に聞いてる暇なんぞなく、ご飯つぶを食べると胃が痛くて温麺食べて、『身体に出るんじゃな~い』って家で一人で繰り返してたっけ(笑)

週末2連休があって、仕事内容もお勉強して整理したせいか、暴走する先生方の診療にもついていけるようになった

したら…慣れてきた先生方にいいようにおもちゃにされるようになりまして~
消化器内科の主メンバーは教授クラスの大ベテランが4人もおって、なんでもあり~な感じ。でっかい声は出すは、自分のペースより診療が遅れると看護部に連絡して『今すぐ看護師1人よこせー』などと言ったり、ちょっと疲れると看護師相手に言いたい放題(←なちが言われたい放題)
特に、一人はまるでジャイアン

なちを「いったんもんめ」やら「トーテンポール」やら「そこのでかいやつ」とか「そこのトロイやつ」などなど
『3倍速で話せ』
『でかいから手元が暗くなる。カーテン開けろ』
なぞとたぶん30回以上は言われ、さらにさらに、ゴム鉄砲で狙い打ち、先生のピッチからいたずら電話をかけられては出ると切られ…

ま、ひどい対応の仕方ではありましたが、他の先生から気に入った人にしかそんなことしないと励まされ(笑)、確かにどこかに愛情は感じていたので頑張れましたですが、いちいち相手(リアクション)しなければならないのに疲れました

そんなわけで、木曜日から坐骨神経痛にて腰に激痛が走り、坐薬を入れて出勤。さらに金曜日の夜は這ってトイレに行くほどで、暴走列車といわれる3人が揃う土曜日の外来に対応できる状態ではなく、休もうか悩みましたですよ。

で、結局鎮痛剤の内服と坐薬を使って足を引きずりながら出勤。
プライドと根性ですな←(これを捨てろっつうの…と心の声

3台の暴走列車について行くのはホントに本気に120%の力が必要でしたわ
パートナーを組んでくださってた先輩でさえ、100%必死だとか。
『とにかく、暴走列車から振り落とされたら二度と追いつけなくなるから、必死でしがみつくんだよ。』と言われていたけど、ホントにその通り。
必死になると、痛みも半分になるのね~
「病は気から」って、こういうことを言うのよ(笑)

だって、日曜日、全ての症状が無くなっちゃったんだもの

そして、暴走列車に振り落とされることなく付いていけた爽快感
そしてそして、今日ジャイアンが『トーテンポールがいないとつまらない』と言ってたと聞いた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

看護観

今日はなち自身の心の整理のために書くブログ。
要は、ただの独り言でし。だから、てきと~にスルーしてくださいまし

この絵はね、沖縄でなちのオーラを感じて絵にしてくれたしどっちさんの作品
その解説はまたにして、見ての通りとにかくなちの頭の中はほんとうにいろんな色でいっぱいなのだ。ものっすごく複雑でいろんなことを考えているんだと自覚させられた。

110216_174301

ちなみに、姉ちゃんはとても単純な感じの絵で、一見タンポポのような感じ。
ま、分かりやすいっていうか、素直というか、単純でもあり
たとえば、そのまま言葉を受け取る姉ちゃんに対して、裏の裏まで読み解こうとするなちって感じが表れている気がした。
なちは姉ちゃんの性格のほうがずっといいと思う

なちは最近自分の看護にすごく迷っているのだ。
ふと、昨日姉ちゃんと話す機会があって思う。
ちょっと辛い心境のお友達と頻繁に連絡を取ってるそうな。
その子の気持ちを思うと、助けてあげたいと。
今は言ってはいけないことなどに注意しつつ、受身で傾聴しているようだ。

あたし、患者さんみんなに対して同じように考えてる。
んでもって、同じようにしようと努力してる。
友達でもないし、人数は何十人といるのに…。
それでも、患者さんの訴えを傾聴し、表出できない患者さんの心に気づき、言葉を選び、看護問題を考えながらより良い方向に導けるように助言していく。
そりゃ身が持つわけないわ

続きを読む "看護観"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

協力心のない元気はん

なちが疲れると

なでてもらえない元気はんは…
2007_01280008_2

怒りの●を落としてみる
110212_222401

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

ぶつぶつ

110214_184501_2

気持ちわるっ
なちはまだまだやわだわ・・・
今日から2週間だけ部署移動
んなわけで、前日から嘔気と蕁麻疹
ま、繊細と言えば聞こえがいいかしらおほほ
食べられないのはダイエットにもええしね

とかなんとか言いつつ、
ちゃんと1日目乗り切りましたです。
山場は木金土らしいけどね。
あは

早くひけひけぶつぶつ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

ほぐしのプロ?

3、4年前から時々ほぐしに行くお店。
いつもカチンコチンだったので、母ちゃん(のような先生なのだ)がオイルマッサージを勧めてくれた。
オイルを使ったほぐしは他でも時々やるけれど、どちらかというと癒し系が多かった。
けど、今日のはグリングリン。それは効きましたわぁ
普段でも40分2800円、60分3700円とお得なほぐし。
オイルを使った今日のリンパドレナージュは80分で6500円

さて、なちは少しでも医療が関与したお店では看護師と名乗りませぬ。
このお店でも、パソコンを使った業務で肩がこると言っております。

されど、今日は直接肌に触り、全身を触れるリンパドレナージュ。
母ちゃんから言われました。

「デスクワークよね?ももの太さと張りが立ち仕事の疲労なのよね」

「人の悩みとか聞く仕事じゃないわよねぇ?人の悩みによる精神的ストレスで凝る部位なのよねぇ(首筋~頭の根元)」

「話を聞くことに集中したりする?耳が疲れてるみたい」

などなど、看護師ってバレてるんじゃないかっていうくらい、なちの身体の不調から現状を言い当てる。
おそるべし母ちゃん
こういうの、長年ほぐしを極めてきたプロっていうのね。
っていうか、人の身体って分かりやすいのかもしれない。いろんなことがそのまんま出てくるのかも

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »