« 暴走列車が3台 | トップページ | 東北関東大震災その2 »

2011年3月13日 (日)

東北関東大震災

大きな地震がありました。
なちは病院の外来業務中でした。
最初は地震??くらいの感覚でしたが、大きな揺れに変わってきたとき、さすがに『やばい大きさだsign02』と思いました。

そっからはもう患者さんを守って安全な場所へ誘導することしか頭になかったなぁthink
比較的非難口が近かったので、ドンドン患者さんを外へ誘導しては中へ戻るを繰り返し…。
あまりに大きな揺れで走りたくても、まっすぐ走れず壁にぶつかりそうになったりsweat01走れないほど床が揺れるって初めての経験でありました。

今思うと、自分の危険なんて考えなかったなぁと…。
それは病棟の看護師も一緒だったようで、地震と同時にそれぞれが担当の患者さんの部屋へ走ったり、レスピレーターの患者さんのもとへ走ったりだったと聞きましたconfident

落ち着いてからは家族の安否が気になったけど、とりあえず患者さんを帰宅させることが優先paper
『大丈夫?』だけのメールを両親と姉に送って、業務を終らせることに集中。
幸い、夕方固定電話が通じて両親の無事を確認。姉ちゃんも役所で頑張っておったhappy01

おうちに帰ってみると、不安定なものはみんな倒れてたり落ちてたりして、ちょっと怖かった。
元気の飲み水もひっくり返ってびしょびしょwobbly
たぶん、相当な物音がしたんでしょうね。恐怖が強かったようで、トイレの上でジッと丸くなってました。
エサをあげても食べようともせず、なちのそばにひっついており、とにかく齧ります。目は△で興奮気味…。
何かを訴えたいのだけは伝わってきたので、ずっとなでておりましたcoldsweats01
2010_1003201010010068

テレビの報道を見ていると、目を覆いたくなるような惨状に言葉もありませぬ。
家族、元気がこうして元気でいることの幸せを感じましたですよshine

んでもって、つまらぬことですが、暖かい便座にふと贅沢を感じてしまったり、余計な買い物をしてはいけないような気持ちにさせられておりまする。

なち達にできることは募金や節電とのこと。
できる協力はしたいと思いましたですconfident

|

« 暴走列車が3台 | トップページ | 東北関東大震災その2 »

コメント

大変でしたね。ご苦労様。

出来ることをやっていきましょう。

投稿: スピリット | 2011年3月13日 (日) 22時06分

◆スピリットさん

ほんとやってあげたいことはいっぱいあれど、今はわからない・・・
できることなんて節電や募金くらいだけど、とにかくやれることをやりたい。

投稿: なち | 2011年3月16日 (水) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28660/39214662

この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災:

« 暴走列車が3台 | トップページ | 東北関東大震災その2 »